有機質資材を活用した施肥モデルの開発

有機質資材を活用した施肥モデルの開発

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R3
年度2019
概要目的:堆肥等有機質資材の肥効評価に基づき、ピーマンとニガウリの施肥モデルを設計し、栽培試験により生育・収量・品質調査、および土壌理化学性分析等を行い、施肥モデルを開発する。
成果:これまでに島尻マージと国頭マージにおける有機質資材の肥効特性を調査した。島尻マージにおけるピーマン促成栽培、国頭マージにおけるニガウリ促成栽培において、有機質資材を用いて化学肥料窒素を3割以上低減しても慣行栽培と同等の収量が得られ、有機質資材による化学肥料窒素の代替が可能であった。
研究分担土壌環境班
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266960
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat