X線照射による不妊化技術の検討

X線照射による不妊化技術の検討

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~R3
年度2019
概要不妊虫放飼法においてウリミバエ等を不妊化する際にコバルト60から出るガンマ線を用いている。近年、国際原子力委員会(IAEA)はテロに対する警戒から、害虫の不妊化にX線を使用することを推奨している。本課題では特殊害虫であるミバエ類やゾウムシ類に対してX線照射による不妊化システムが本県で実用可能かどうか検討した。
研究分担病虫管理技術開発班
予算区分国庫補助
(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266971
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat