化学農薬削減に向けた病害虫防除技術推進事業1.先進技術を活用した総合的病害虫・雑草管理技術体系の確立

化学農薬削減に向けた病害虫防除技術推進事業1.先進技術を活用した総合的病害虫・雑草管理技術体系の確立

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要目的:チャノキイロアザミウマ新系統(C系統)はこれまでの旧系統が寄生しなかった植物を利用出来ることが明らかになった。それらはマンゴー施設内雑草としてみられ、重要な発生源になる可能性が示唆されている。そこで特に重要度の高いナガエコミカンソウ他3種雑草にC系統を接種し、次世代が出現するか検討する。
期待される効果:IPMの実践において耕種的防除の面から利用できる。
研究分担病虫管理技術開発班
予算区分国庫補助
(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030266978
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat