チクゴイズミ

チクゴイズミ

整理番号3141
種類小麦
認定番号小麦農林141号
品種名チクゴイズミ
品種名(よみ)ちくごいずみ
旧系統名西海171号
認定年月1994年01月
交配親(母×父)関東107号×アサカゼコムギ
育成機関(認定時)農林水産省九州農業試験場
育成機関(現在)(独) 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
育成期間昭和60年~平成6年(10年間)
主要特性・出穂期、成熟期は農林61号より5~6日程度早い早生種である。
・稈長は農林61号より短く“やや短”である。稈の細太は“やや太”。
・穂発芽性は“難”で農林61号より優れる。
・収量性は“多”で農林61号に優る。
・製めん適性は農林61号に比べ、めんの食感がやや優れる。
生育特性・叢性は“やや直立”、株の開閉は“開”、である。
・播性程度は“Ⅰ~Ⅱ”で、茎立性は“やや早”である。
・穂型は紡錘状。ふ色は“淡黄”、芒の有無多少は“やや多”。
・耐倒伏性は農林61号より優れ“やや強”である。
・粒色は“赤褐”、粒形は“やや円~中”。粒の大小は“やや大”、千粒重は“やや大”でる。
・縞萎縮病、ムギ類萎縮病には“強”、うどんこ病には“やや弱”。
品質特性・粒の見かけの品質は“中の上”で農林61号より優れる。
・製粉歩留は農林61号と同等で、ミリングスコアはやや高い。
・粉色は白さがやや低く、粉の色づきがやや高い。蛋白含量、灰分ともに“中”で、アミロース含量は低い。
・ファリノの特性は農林61号並、エキステンソの特性はやや中力的で、アミロの最高粘度は“大”である。
栽培適地・温暖地以西の平坦地に適する。
普及見込み先・福岡県では準奨励品種に採用する予定である。 ニシカゼコムギの一部に替え、また麦作面積の拡大により、県下一円に普及するものと見込まれる。
品種名の意味・育成地の地名に由来し、筑後平野に泉の湧き出るように広く普及することを願った。
系統図PDFファイル (20KB)
図表PDFファイル (29KB)
収録データベース農林認定品種データベース

認定品種アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat