きたほなみ

きたほなみ

整理番号3168
種類小麦
認定番号小麦農林168号
品種名きたほなみ
品種名(よみ)きたほなみ
旧系統名北見81号
認定年月2006年12月
交配親(母×父)北見72号×北系1660
育成機関(認定時)北海道立北見農業試験場
育成機関(現在)地方独立行政法人北海道立総合研究機構 農業研究本部 北見農業試験場
育成期間平成7年~17年(11年間)
主要特性・灰分が低く、製粉性に優れる。
・粉色およびゆでたうどんの色が優れ、製めん適性に優れる。
・多収である。
生育特性・「ホクシン」より出穂期で1日、成熟期で2日遅いやや早生である。
・穂発芽性は“やや難”で「ホクシン」より優れる。
・耐雪性、うどんこ病抵抗性は“やや強”で「ホクシン」と同程度である。赤かび病抵抗性は“中”、赤さび病抵抗性は“やや強”で「ホクシン」より優れる。
・コムギ縞萎縮病抵抗性は“やや弱”であるが「ホクシン」より優れる。
・子実重は「ホクシン」より1割程度多い。千粒重、容積重は「ホクシン」と同程度である。
品質特性・原粒灰分が低く、製粉歩留まりが高く、製粉性は「ホクシン」より優れる。原粒蛋白は「ホクシン」より0.8%程度低い。
・めん色は「ホクシン」より優れ、粘弾性は「ホクシン」と同程度であり、製めん適性は「ホクシン」より優れる。
栽培適地北海道
普及見込み先北海道で優良品種に採用
(普及見込み面積 60,000ha)
品種名の意味北の大地に小麦の穂が美しく広がるイメージ
系統図PDFファイル (42KB)
図表PDFファイル (62KB)
備考○研究成果
・製粉性およびめん色に優れる秋まき小麦新品種候補系統「きたほなみ」
http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017090
・めん用秋まき小麦「きたほなみ」の高品質安定栽培法
http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004088
収録データベース農林認定品種データベース

認定品種アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat