ニセコ

ニセコ

画像がありません
整理番号9009
種類ばれいしょ
認定番号ばれいしょ農林9号
品種名ニセコ
品種名(よみ)にせこ
旧系統名北海15号
認定年月1959年04月
交配親(母×父)農林1号 × ミラビリス
育成機関(認定時)北海道農業試験場
育成機関(現在)(独) 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
育成期間昭和23年 ~ 昭和34年(12年間)
主要特性・薯形は長卵形に近く、基部は細い。外皮は鮮赤色、中大粒で、目浅く、肉色は白。
・熟期は紅丸や農林1号より4~5日おそい。
・疫病には農林1号程度で比較的強いが、バイラス病に弱い。過湿や湿腐病に対して特に弱い。
・収量は農林1号や紅丸より10%内外増収することが多く、肥沃地で多収。
・食用には不向きで、澱粉原料用として利用される。
生育特性・草丈は農林1号、紅丸より若干低く、茎は太くなく、茎数も多くない。叢性は直立し、茎には部分的に極淡赤色の着色があり、葉色は比較的濃緑である。
・花は極淡紫色、開花期間は短い。
・熟期は紅丸や農林1号より4~5日おそい。
・疫病には農林1号程度で比較的強いが、バイラス病に弱い。過湿や湿腐病に対して特に弱いが、黒あざ病に中位。
・収量は農林1号や紅丸より10%内外増収することが多く、肥沃地で多収。
品質特性・薯形は長卵形に近く、基部は細い。外皮は鮮赤色。中大粒で粒揃い良。目は浅く濃赤紫色を帯びる。目数は比較的少ない。肉色は白。
・蒸薯は粉質、食味は良いが、褐色斑点を生じやすいので食用には不向きである。
・澱粉歩留は農林1号よりやや優るが、粒子が小さい欠点がある。澱粉原料用として利用される。
栽培適地乾燥し易い肥沃地に適し、瘠地や泥炭地、低湿地には不適である。
普及見込み先奨励品種採用県:北海道
系統図PDFファイル (22KB)
図表PDFファイル (22KB)
品種解説1PDFファイル (840KB)
収録データベース農林認定品種データベース

認定品種アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat