シマバラ

シマバラ

画像がありません
整理番号9011
種類ばれいしょ
認定番号ばれいしょ農林11号
品種名シマバラ
品種名(よみ)しまばら
旧系統名西海5号
認定年月1960年04月
交配親(母×父)農林1号 × ギネケ
育成機関(認定時)長崎県農試愛野試験地
育成機関(現在)長崎県総合農林試験場
育成期間昭和26年 ~ 昭和35年(10年間)
主要特性・花は白色であるが、暖地では殆ど開花しない。
・薯は楕円形であるが、秋作では殆ど扁円に近くなることもある。薯の表皮・肉色とも淡黄色。
・農林1号よりやや早生である。休眠期間は極めて短い。
・疫病の圃場抵抗性は強く、軟腐病抵抗性、耐湿性、耐暑性ともに強い。
・薯収量は農林1号程度かやや多収で、春・秋作ともにやや安定した生産力をもっている。
生育特性・茎長は農林1号よりやや短く、茎は細く茎数は比較的多い。茎の基部には淡い着色がある。葉はやや小さく淡緑色。
・花は白色であるが、着蕾して間もなく落ちやすく、暖地では殆ど開花しない。
・農林1号よりやや早生である。休眠期間は極めて短く、農林1号より2週間程短い。植付後の地上萌芽は極めて早く、揃いも良好である。匐枝は春作で長く、秋作で中位となる。
・薯収量は農林1号程度かやや多収で、春・秋作ともにやや安定した生産力をもっている。
・疫病に対しては耐疫性因子はないが、圃場抵抗性は比較的強い。軟腐病抵抗性、耐湿性、耐暑性にも強いが、ネグサレ線虫およびウイルスに対しては弱い。
品質特性・薯は楕円形であるが、秋作で殆ど扁円に近くなることもある。表皮、肉ともに淡黄色。薯の外観は中位。ウンゼンに比べるとやや小型薯が多い。
・澱粉価は13~14%で農林1号より低く、タチバナよりやや高い。
・食味は良好で各種の調理用として利用面が広い。
栽培適地やや肥沃地において生産性を発揮するが、風害を受けやすいので強風の当たらない土地を選ぶ。
重粘土での栽培はなるべく避ける。
系統図PDFファイル (27KB)
図表PDFファイル (22KB)
品種解説1PDFファイル (890KB)
収録データベース農林認定品種データベース

認定品種アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat