チヂワ

チヂワ

画像がありません
整理番号9014
種類ばれいしょ
認定番号ばれいしょ農林14号
品種名チヂワ
品種名(よみ)ちぢわ
旧系統名西海7号
認定年月1962年05月
交配親(母×父)S54042-15 × ウンゼン
育成機関(認定時)長崎県農試愛野試験地
育成機関(現在)長崎県総合農林試験場
育成期間昭和31年 ~ 昭和37年(7年間)
主要特性・秋作における草勢は旺勢で茎長は高く、茎は太い。花は白色。
・薯は外皮淡黄色、外観はよく、肉色は黄色。
・熟期は農林1号よりやや晩生である。
・薯収量は秋作が豊産で多収となる。
・疫病は農林1号より強い。
・蒸薯は粉質で食味は極く良く、丸焼、煮物に適する。
生育特性・秋作における草勢は旺勢で農林1号を上まわって茎長も高い。茎は太く、葉は中~大で疎に着生。
・花は白色で春に多く秋は少ない。
・短休眠で地上萌芽が早く萌芽揃も良い。熟期は農林1号よりやや晩生である。
・薯収量は春作は農林1号にやや劣るが、秋作は豊産で1割内外多収となる。
・疫病は農林1号より強く、ネグサレ線虫抵抗性は中位。
品質特性・薯は外皮淡黄色、扁円形で外観はよい。肉色は黄色。
・蒸薯は粉質で食味は極く良で、丸焼、煮物に適し農林1号、シマバラより優れている。
・黄肉腫であることから輸出向けとしても有望視される。
・澱粉価は農林1号と同程度(15%)で、暖地薯としては高い。
栽培適地暖地の二期作地帯に広く適する。とくに秋作がよい。
系統図PDFファイル (36KB)
図表PDFファイル (22KB)
品種解説1PDFファイル (1003KB)
収録データベース農林認定品種データベース

認定品種アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat