ホッカイコガネ

ホッカイコガネ

整理番号9025
種類ばれいしょ
認定番号ばれいしょ農林25号
品種名ホッカイコガネ
品種名(よみ)ほっかいこがね
旧系統名北海60号
認定年月1981年06月
交配親(母×父)トヨシロ×北海51号
育成機関(認定時)北海道農業試験場
育成機関(現在)(独) 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
育成期間昭和45年~昭和56年(12年間)
主要特性・中晩生種で初期生育はやや遅く、多収で自然結果数の多いばれいしょ品種である。
・粉状そうか病に強く、褐色心腐れや中心空洞、裂開の発生はほとんど無い。
・煮崩れ少なく、調理後黒変は無く、フレンチフライを主とした油加工食品の原料に適する。
生育特性・草性は“やや直立”、茎長は「トヨシロ」「農林1号」より高い。茎の太さは「トヨシロ」並の“中”、茎色は“緑”。萌芽時の葉色は紫色を帯びるが、生育が進むと緑色になる。
・花の大きさは「トヨシロ」並で、花色は“淡紫”、花弁の先端は表裏とも白い。花数、花粉量ともに多く、自然結果は多い。
・萌芽及び初期生育とも「トヨシロ」よりやや遅い。茎葉黄変期は「農林1号」並で、「トヨシロ」より20日程度遅い“中晩生種”に属する。
・疫病抵抗性遺伝子は“R1”、疫病菌による塊根腐敗に対しては「農林1号」「トヨシロ」より強い。ウイルス病には抵抗性が無く、塊茎の軟腐病には“やや弱”、粉状そうか病には“強”、青枯病には弱い。シストセンチュウ抵抗性は無い。
・でん粉価は18%程度で「農林1号」「トヨシロ」並、いも収量は「農林1号」並で、「トヨシロ」より25~30%多い。
品質特性・いもの形は“長楕円形”、皮色は“淡褐”で僅かにネットを帯びる。目は浅く、目の数“中位”。肉色は“淡黄”、塊形の着生位置、ストロンの長さは“中”である。
・休眠期間は“中”。塊根の褐色心腐れ、中心空洞の発生は認められない。
・水煮による肉質は“やや粘質”で煮崩れは少ない。調理後黒変は生じない。
・還元糖含量は低く、低温貯蔵によって増加する程度も低い。また低温貯蔵後の加温処理による還元糖含量の減少も容易で、油加工に伴う加熱褐変を防ぐことが容易である。
・食味は水煮、フライとも良い。フレンチフライを主とした油加工食品原料に適する。
栽培適地北海道の食品加工原料ばれいしょ栽培地帯
普及見込み先奨励品種に採用予定:北海道
品種名の意味北海道では初めての黄肉のフライ用品種であることから、地名の一部「ホッカイ」とフライ色の「コガネ」をつづり合わせた。
図表PDFファイル (23KB)
系統図PDFファイル (9KB)
収録データベース農林認定品種データベース

認定品種アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat