キタアカリ

キタアカリ

整理番号9029
種類ばれいしょ
認定番号ばれいしょ農林29号
品種名キタアカリ
品種名(よみ)きたあかり
旧系統名北海63号
認定年月1987年06月
交配親(母×父)男爵薯×ツニカ
育成機関(認定時)北海道農業試験場
育成機関(現在)(独) 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
育成期間昭和50年~昭和62年(13年間)
主要特性・早生で多収、食味よく、ジャガイモシストセンチュウに抵抗性を有する品種である。
・初期生育が早く、株当たりいも数は「男爵薯」より多い。
・やや煮崩れしやすいが、調理後黒変を生じないため、スープやサラダなどに適する。
生育特性・叢生は“中間”で、茎長は「男爵薯」より長く「メークイン」程度の“やや短”。茎数、茎の太さは“中”、分枝数は少ない。茎色は“緑”で基部に赤紫色の斑点がある。出芽時の葉色は紫色を帯びるが、生育盛期の葉色は“緑”で「男爵薯」より淡い。
・花色は“赤紫”で花弁の先端は両面“白”である。花粉量は多く、稀に自然結果する。
・初期生育は「男爵薯」並で「農林1号」より早い。塊根の肥大、でん粉価の上昇は「男爵薯」並かやや遅い。
・株当たり上いも数は「男爵薯」より多く“やや個数型”である。育成地での茎葉黄変期は「男爵薯」より1~2日早い“早生種”。休眠期間は“中”である。
・ジャガイモシストセンチュウの寄生型R01に抵抗性で、根に侵入した雌線虫が生長できずシストが形成されないため、土壌中の線虫密度が低下する。
・疫病抵抗性遺伝子型は“γ”で、疫病抵抗性は“弱”である。塊茎腐敗病には“弱”、軟腐病に“中”、粉状そうか病に“やや弱”、青枯病に“弱”である。ウイルス病は「男爵薯」程度に発病し、抵抗性は“弱”である。
・収量は「男爵薯」より10%程度多収、でん粉価は「男爵薯」より1%程度高い。
品質特性・いもは“扁球形”、皮色は“白黄”、目の部分に赤紫色の着色がある。表皮は“やや粗”で、目の数、深さともに“中”である。大きさは「男爵薯」並かやや小さい。
・肉色は“黄”、肉質は“やや粉質”である。
・舌ざわりは“やや滑”、食味は「男爵薯」並の“中の上”である。油加工適正はやや劣る。
・煮崩れは「男爵薯」並かやや多い。水煮黒変(調理後黒変)は生じない点で「男爵薯」「メークイン」より優れており、スープ、サラダなどに適する。
栽培適地北海道道央地域の食用ばれいしょ栽培地帯
普及見込み先奨励品種採用予定:北海道
品種名の意味北海道で栽培され、「アカリ」は線虫被害から守る希望を表す。
系統図PDFファイル (24KB)
図表PDFファイル (22KB)
収録データベース農林認定品種データベース

認定品種アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat