花標津

花標津

整理番号9038
種類ばれいしょ
認定番号ばれいしょ農林38号
品種名花標津
品種名(よみ)はなしべつ
旧系統名根育29号
認定年月1997年08月
交配親(母×父)S.tuberosum ssp.andigena(W553-4)×R392-50
育成機関(認定時)北海道立根釧農業試験場
育成機関(現在)地方独立行政法人北海道立総合研究機構 農業研究本部 根釧農業試験場
育成期間昭和59年~平成9年(14年間)
主要特性・疫病圃場抵抗性が極めて強く、シストセンチュウ抵抗性を有する、減農薬栽培に適した調理用品種である。
・疫病無防除栽培においても収量や品質の低下が極めて少ない。
・花が大きく美しい赤紫で開花期間も長いことから、景観的な利用にも期待できる。
生育特性・叢生は“やや開”、茎は“やや長”、葉色は“淡緑”、花は数が多く大きく、色は“赤紫系”である。
・休眠期間が短い中晩生種で、初期生育はやや速く、早期肥大性はやや遅い。
・収量は「男爵薯」より20%程度多くいが、でん粉価は低い。
・疫病圃場抵抗性が“極強”で、ジャガイモシストセンチュウ抵抗性遺伝子“H1”を有し、塊茎腐敗病には“やや強”の抵抗性を示す。
・葉巻病、Yモザイク病、そうか病に“弱”、粉状そうか病に“極弱”である。
品質特性・いもの形状は“扁球形”、皮色は“淡赤”、目は深く、肉色は“淡黄”である。
・調理後の肉質は“中”、黒変は“少”、煮くずれは“やや少”、舌触りは滑らかで、食味は“中”である。
・チップフライの褐変程度も“中”である。
・花が大きな赤紫で開花期間も長いことから、景観的な利用や、鑑賞と実益を兼ねた家庭菜園やベランダ栽培用としての利用も期待できる。
栽培適地北海道一円
品種名の意味根釧農試(所在地:中標津)産の花のきれいな品種を表現。
系統図PDFファイル (15KB)
図表PDFファイル (23KB)
収録データベース農林認定品種データベース

認定品種アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat