ビジュノワール

ビジュノワール

整理番号59023
種類ぶどう
認定番号ぶどう農林23号
品種名ビジュノワール
品種名(よみ)びじゅのわーる
旧系統名ブドウ山梨38号
認定年月2006年10月
交配親(母×父)山梨27号×マルベック
育成機関(認定時)山梨県果樹試験場 育種部醸造ブドウ育種科
育成機関(現在)山梨県果樹試験場 育種部醸造ブドウ育種科
育成期間昭和61年~平成17年(20年間)
主要特性・「カベルネ・ソーヴィニヨン」より1ヶ月以上早く収穫出来る早生の赤ワイン用ブドウである。
・ワインは酸が少なくまろやかで、タンニンが多い。また、色が濃く、ボディ(コク)があって品質が優れる。
・既存品種において着色不良が問題となっている西南暖地においても十分に着色する。また、北海道等の寒冷地において耐寒性が確認されている。
生育特性・収穫期は9月上旬で、「メルロ」より1週間、「カベルネ・ソーヴィニヨン」より1ヶ月以上早い。
・樹勢は中程度で、花振るいは少なく、着粒はやや密である。
・果房重、果粒重は「メルロ」程度である。また、糖度は「メルロ」や「カベルネ・ソーヴィニヨン」より高く、酸度は両品種より少ない。
品質特性「メルロ」や「カベルネ・ソーヴィニヨン」のワインと比較すると、以下の特徴がみられる。
・酸が少なくまろやかである。
・タンニンが多い。
・ワインの色が濃い。
・ボディ(コク)がある。
栽培適地全国のブドウ栽培地域
普及見込み先山梨県、長野県、島根県
(普及見込み面積 10ha)
品種名の意味黒い(ノワール)宝石(ビジュ)、すぐれたワインを生むブドウであることから
系統図PDFファイル (39KB)
図表PDFファイル (54KB)
備考○研究成果
・酒色濃厚でワイン品質が優れる赤ワイン用ブドウ新品種候補「ブドウ山梨38号」
http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003307
・導入ぶどう4品種・系統の北海道における特性
http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004018
収録データベース農林認定品種データベース

認定品種アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat