リラチップ

リラチップ

整理番号9064
種類ばれいしょ
認定番号ばれいしょ農林64号
品種名リラチップ
品種名(よみ)りらちっぷ
旧系統名北育15号
認定年月2014年04月
交配親(母×父)Andover(導入1997-1)×北系7号
育成機関(認定時)地方独立行政法人北海道立総合研究機構 農業研究本部 北見農業試験場作物育種グループ
育成機関(現在)地方独立行政法人北海道立総合研究機構 農業研究本部 北見農業試験場作物育種グループ
育成期間平成12年および平成14~24年(12年間)
主要特性・長期貯蔵後のポテトチップ加工適性が優れる。
・「スノーデン」より枯ちょう期が早く、やや多収である。
・ジャガイモシストセンチュウ抵抗性を持つ。
生育特性・茎長は「スノーデン」より短い。
・枯ちょう期は「スノーデン」より早い中生である。
・「スノーデン」より規格内いも重がやや多い。
・でん粉価は「スノーデン」より低い。
・ジャガイモシストセンチュウ抵抗性を持つ。
・塊茎腐敗抵抗性が「スノーデン」より弱い。
品質特性・長期貯蔵後(収穫翌年)のポテトチップ加工適性が優れる(表2)。
栽培適地北海道の加工用(ポテトチップ用)ばれいしょ栽培地帯
普及見込み先北海道で優良品種に採用(普及見込み面積500ha)
品種名の意味「リラチップ」の名称の由来は、特に収穫翌年の5~6月のポテトチップ品質が優れることから、この時期の北海道の代表的な花であるライラック(フランス語でリラ)とチップを合わせた。
品種登録出願状況平成25年7月11日 出願
平成25年11月22日 出願公表
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「周年安定供給を可能とする食品加工用バレイショ品種の育成と栽培法の確立」
系統図PDFファイル (19KB)
図表PDFファイル (60KB)
収録データベース農林認定品種データベース

認定品種アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat