頚環(ハモ)

頚環(ハモ)

資料番号65
資料名頚環(ハモ)
資料名(よみ)くびわ(はも)
大分類動力
中小分類役畜装具類・頸輪
使用年代 
収集地千葉県君津市
解説文地方では、ハモという。馬の牽引法は主として肩引法が行われ、その時用いた装具である。打藁と柔かい繊維類を中心にして、丈夫な布で包んだカラー布団と、引綱をとりつけるハモ木からなっている。ハモ木には木の表面に鉄板を帯状につけ、その上に引綱をかける鈎(かぎ)がある。鈎が上下して牽引点を上下できるものもあった。頚環(くびわ)は馬の首の下からさし入れ、肩甲骨(けんこうこつ)の前でハモ木を上端で左右固く紐やバンドで止めた。
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat