イナギ切り鍬

イナギ切り鍬

資料番号300
資料名イナギ切り鍬
資料名(よみ)いなぎきりぐわ
大分類
中小分類その他・-
使用年代昭和20年代まで
収集地静岡県大井川町
解説文稲の刈株を切断し、小片として土になじみやすくするために用いる切株鍬である。刃先が楔状に尖ったものが多い。この種の鍬は尖先鍬ともいわれる。これは唐鍬の変形と考えられる。
本器は昭和20年頃まで使用された。普通の株切鍬と比べるとやや異なった形をしている。刃床部は、尖先鍬よりも中央部に広がりをもった、開墾鍬(かいこんぐわ)といわれるものに近い。刃床部の長さ13.5cm、ふくらみ部の幅10.8cm、柄の長さ106cm、重さ1kgである。
サイズ幅:10.8cm
奥行き:13.5cm
高さ:106cm
重さ1kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat