資料番号381
資料名
資料名(よみ)すき
大分類
中小分類中床犂・-
使用年代昭和20年~30年代
収集地兵庫県篠山町
解説文昭和20~30年代始め頃に、牛馬による田畑の耕起作業に用いられた中床犂である。兵庫県篠山町地方の犂製作所の製品で、堀井式深耕犂と呼ぶ。犂床(長さ40cm)のヒール部を長くして安定をよくし、左右対称の形をした犂先、犂へらは曲面をもっているが、反転方向への傾斜角がなく両用犂タイプである。しかし、犂身の右側に大取拐(おおとりっく:ハンドル)があるので、使用に当たって左方向に犂体を傾けて左反転用として使ったものである。犂床の長さ40cm、ねり木の長さ125cm、重さ9.4kgである。
サイズ奥行き:125cm
重さ9.4kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat