手押し代かき(八反ころがし、代かきごろ、ころがし)

手押し代かき(八反ころがし、代かきごろ、ころがし)

資料番号512
資料名手押し代かき(八反ころがし、代かきごろ、ころがし)
資料名(よみ)ておししろかき(はったんころがし、しろかきごろ、ころがし)
大分類人力砕土機
中小分類回転馬鍬・-
使用年代 
収集地茨城県猿島町
解説文八反ころがし、代かきごろ、ころがしとも呼ばれる。田植え前に田面を人力で転がし、表層を破砕しながら土壌を軟らかくし、さらに田面に浮いている雑草の埋め込み用としても使用された。砕土要部は、木製の6角筒の一辺に6本の直線状の歯桿(かん)が取付けられ、この歯桿の回転によって土塊の砕土整地と稲株や雑草の埋め込みを行った。高さ:155cm、幅:60cm、重量:6kgである。
サイズ幅:60cm
高さ:155cm
重さ6kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat