種籾鎮圧機

種籾鎮圧機

資料番号711
資料名種籾鎮圧機
資料名(よみ)たねもみちんあつき
大分類田植作業用器具
中小分類種籾鎮圧機・-
使用年代昭和初期
収集地兵庫県竹野町
解説文苗代に播種した種籾の鎮圧に用いる水稲特有の器具で種籾鎮圧機である。水稲は覆土を行うと出芽に支障があり、覆土なしに鎮圧して種子を固定する必要がある。そのために器具に種々な考案がなされたうちの一種で網ローラとかメッシュローラといわれるものである。ローラへの土の付着が少なく、機能がよい。昭和初期から30年代まで日本各地で使われ、形状は各地ごとに微妙に異っていた。
本器はローラの形が中央部にやや膨らみをもっている。昭和初期に使用された。筒の長さは27.5cmである。
サイズ幅:27.5cm
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat