手押し水田除草機(転がし、八反取り)

手押し水田除草機(転がし、八反取り)

資料番号801
資料名手押し水田除草機(転がし、八反取り)
資料名(よみ)ておしすいでんじょそうき(ころがし、はったんどり)
大分類栽培用管理機具
中小分類八反取り・車爪付
使用年代昭和初期まで
収集地静岡県静岡市
解説文転車付八反取りは、従来の八反取りが持っている固定歯の1あるいは2列の代わりに木製多角形軸に爪を固定した一種の転車を取り付け、除草効果と中耕効果を兼備する形へと改良されたものである。元来、八反取りは除草専用機であったものだが、これらは除草中耕機に移行する初期のものと考えることができる。
本機は地方名は、転がしまたは八反取りという。1番除草用として昭和前期まで使用された。作用部は、前列に固定歯(爪)、後列に転車をつけている。転車の後は舟形枠の一部であるが、均(なら)し板を兼ねる。枠は鉄製である。舟形枠は幅15.5cm、長さ34.5cm、転車の幅12.5cm、柄の長さ171.5cm、重さ1.4kgである。
サイズ幅:15.5cm
奥行き:34.5cm
高さ:171.5cm
重さ1.4kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat