除草機(田の草取り)

除草機(田の草取り)

資料番号874
資料名除草機(田の草取り)
資料名(よみ)じょそうき(たのくさとり)
大分類栽培用管理機具
中小分類株間除草機・-
使用年代昭和40年頃まで
収集地山梨県高根町
解説文従来の回転除草機は、畦間の除草は満足すべき程度の作業ができたが、株間の除草はほとんどできないのが欠点とされていた。それを解決したのが株間除草機である。本機の原理は、特有の形態をした立て軸回転爪2個の間に稲株を傷めないように抱き込み、株間の土壌は回転爪の回転で撹拌することにより除草する。株間除草機は昭和30年から33年にかけて全国的に急速に普及したが、除草剤の出現により消滅した。
本機の地方名は、田の草取りという。資料番号870および871と同様の趣旨の機械であるが、本機は、転車を前に、回転爪(除草用)を後に配している点が異なる。昭和40年頃まで使用された。滑走板の全幅29cm(1つの幅11.5cm)、長さ22cm、柄の長さ118cm、重さ4.8kgである。
サイズ幅:29cm
奥行き:22cm
高さ:118cm
重さ4.8kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat