麦の土入機

麦の土入機

資料番号915
資料名麦の土入機
資料名(よみ)むぎのつちいれき
大分類栽培用管理機具
中小分類麦土入機・人力用
使用年代大正初期~昭和30年代
収集地愛媛県小田町
解説文我が国の秋播麦栽培では、耐寒、耐旱等の対策として土入作業は大切な作業とされていた。しかし、戦後の新技術導入により、昔ほど土入作業は行われなくなった。鋤簾(じょれん)式土入機は、各地に類似のものが存在するが、本機はいずれも引き型で、簡単な鉄製枠に金網を張ったものであり、その形や刃などは色々である。このような金網(手編)式は旧式のもので、昭和初期頃まで使用された。その後、新式改良型に移行したものが多いが、現在でも使用しているものもある。
本機は大正時代前期から昭和30年代まで使用された。鋤簾部の幅18cm、長さ20cm、柄の長さ135cm、重さ2.0kgである。
サイズ幅:18cm
奥行き:20cm
高さ:135cm
重さ2kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat