鋤簾

鋤簾

資料番号921
資料名鋤簾
資料名(よみ)じょれん
大分類栽培用管理機具
中小分類麦土入機・人力用
使用年代昭和34、35年頃まで
収集地佐賀県大町町
解説文我が国の秋播麦栽培では、耐寒、耐旱等の対策として土入作業は大切な作業とされていた。しかし、戦後の新技術導入により、昔ほど土入作業は行われなくなった。鋤簾(じょれん)式土入機は、各地に類似のものが存在するが、本機はいずれも引き型で、簡単な鉄製枠に金網を張ったものであり、その形や刃などは色々である。このような金網(手編)式は旧式のもので、昭和初期頃まで使用された。その後、新式改良型に移行したものが多いが、現在でも使用しているものもある。
本機は平板に近い鉄製底板の上部に縦線棒網がついている。したがって、通常の鋤簾式土入機のように底部から土をふるい落とすものではなく、すくい上げた土を底板に載せてふるい動作をすることで、土は縦線網を通してふるい落とすことになる。本機は昭和35年頃まで使用された。鋤簾部の幅14cm、長さ26cm、柄の長さ108cm、重さ1.3kgである。
サイズ幅:14cm
奥行き:26cm
高さ:108cm
重さ1.3kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat