輪転式麦土入機

輪転式麦土入機

資料番号932
資料名輪転式麦土入機
資料名(よみ)りんてんしきむぎつちいれき
大分類栽培用管理機具
中小分類麦土入機・畜力用
使用年代昭和20年代
収集地神奈川県平塚市
解説文昭和7年大日本農会が、農林省の委託により麦土入機懸賞募集をした際、はじめて畜力用土入機が入選した。これを契機として畜力用土入機は、続々と新しいものが開発された。
畜力用土入機は、大別して翼車型とバケットコンベア型の2種類がある。戦時中から昭和30年頃までかなり使用され、畑麦作および水田裏作の不整地播麦作にも利用された。
本機は翼車型である。これは鉄製車輪の外周に土をすくうバケットを配置し、畜力で牽引することによって車輪後部の削土刃で削った土をバケットで上部に運び上げ、真上から両側に土ふるい板を介して畦間に落下させる仕組みである。おおむね、車輪の直径60cm、バケット幅15cm、バケット数16個、全長130cm、重さ18~21kgである。構造はメーカーにより若干異なる。
サイズ幅:15cm
奥行き:60cm
高さ:130cm
重さ18-21kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat