小槌

小槌

資料番号1118
資料名小槌
資料名(よみ)こづち
大分類脱穀調製用機具
中小分類穀打棒・-
使用年代 
収集地岩手県軽米町
解説文少量の稲・麦の穂、あるいは、雑穀の脱粒に用いられ、ベー、または、あずきおとし、ゴマおとしとも言われる。片手に持った小槌で、莚(むしろ)に広げた材料を叩いて脱穀する。大小あるが、普通、槌の全長50cm、直径9cm、重さ1kg、木製である。大正時代から昭和前期まで使用された。大槌には、頭部30cm、直径12cm、柄長150cm、重さ6kg位のものがある。
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat