足踏脱穀機

足踏脱穀機

資料番号1232
資料名足踏脱穀機
資料名(よみ)あしふみだっこくき
大分類脱穀調製用機具
中小分類足踏脱穀機・-
使用年代 
収集地茨城県総和町
解説文稲・麦の脱穀に、大正時代から昭和20年代まで使用された足踏脱穀機である。その間に、機体の構造に種々の改良が加えられた。
本機は逆V字形の鋼鉄線を木桁に打ち込み、扱(こぎ)胴を構成しているが、扱胴の増速用歯車にカバーを欠いている。昭和10年頃の製作と思われる。高さ65cm、幅65cm、奥行68cm、重さ30kg、機枠は木製である。
サイズ幅:65cm
奥行き:68cm
高さ:65cm
重さ30kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat