醤油もろみ撹拌棒

醤油もろみ撹拌棒

資料番号1424
資料名醤油もろみ撹拌棒
資料名(よみ)しょうゆもろみかくはんぼう
大分類食品加工機具
中小分類その他・醤油機具
使用年代 
収集地宮崎県門川町
解説文明治・大正の自給自足時代に、味噌・醤油は自家製であった。本器は当時の醤油搾りに使われた木製の用具で、木箱の底板には、もろみから搾った醤油が流れやすいように溝が掘ってある。最初に出る醤油を一番搾り、その後のものを二番搾りといい、品質により分けていた。
本器は樽で醸造した醤油もろみの撹拌(かくはん)に用いた。柄長106cm、撹拌板の縦×横14×10cm、重さ0.2kgである。
サイズ幅:14cm
奥行き:12cm
高さ:106cm
重さ0.2kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat