茶つぼ

茶つぼ

資料番号1944
資料名茶つぼ
資料名(よみ)ちゃつぼ
大分類その他の作物関係機具
中小分類茶・-
使用年代明治~大正~昭和8、9年
収集地奈良県山添村
解説文細長く胴太の大きなつぼで、製茶した茶を貯蔵保管するに用いたものである。京都の上林家に伝わる抹茶製造風景にすでに描かれているように、徳川時代から、この種の茶つぼはやがて、軽量で運搬容易な茶びつ(木箱)に代わっていった。つぼの口がやや細めであるのは、紙で密封し湿気を防ぐためである。口径32cm、高さ85cm、胴径48.5cm、重さ22.5kgである。
サイズ幅:48.5cm
奥行き:48.5cm
高さ:85cm
重さ22.5kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat