はぜ実取り棒

はぜ実取り棒

資料番号1985
資料名はぜ実取り棒
資料名(よみ)はぜみとりぼう
大分類その他の作物関係機具
中小分類はぜ・-
使用年代 
収集地福岡県高田町
解説文はぜ実収穫用器具である。ろうの原料のはぜは、大木で、多くは急傾斜地や畑の畦畔等で栽培されているため、はぜ実の収穫は木に登って行われた。はぜの木の枝は、非常に折れやすく、木に登って収穫するにも枝の先の方は危険なため、この収穫用大かぎや小かぎで枝を引寄せて実を採取する。かぎの材料は、ウメ、ツバキなど弾力性のある木を使い、先端部に金属製のかぎをつけたもの(資料番号1982)や、木の又のある木(資料番号1985)を利用した。長さは2m前後のものが多く、明治時代より現在まで、はぜ産地で使用されている。柄長は170cmである。
サイズ高さ:170cm
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat