ホップ花摘機

ホップ花摘機

資料番号2084
資料名ホップ花摘機
資料名(よみ)ほっぷはなつみき
大分類その他の作物関係機具
中小分類その他・-
使用年代昭和38年
収集地山形県白鷹町
解説文選別できるように改良された2号機であるが、選別は十分とはいえず、特に、病害虫におかされた花や枯花は人手による選別に2人を要した。また、抜き残りも多く2番処理に相当の時間を要したようである。処理能力は、3人組作業で乾燥花30kgであった。昭和38年から42年頃まで、県下のホップ栽培地域で使用された。なお、その後、大型の自動選別機(3号機)が開発され(43年頃)、現在も使用されている。
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat