爪切りなた

爪切りなた

資料番号2147
資料名爪切りなた
資料名(よみ)つめきりなた
大分類畜産関係機具等
中小分類給餌、飼養管理用機具・手入れ用具
使用年代現在も使用(昭和)
収集地兵庫県村岡町
解説文牛の蹄(ひづめ)を削る削蹄(さくてい)用具一式である。伸びた蹄の先端に削蹄用のなた(資料番号2147)を当て、木製のなたたたき棒(資料番号2151)でたたいて蹄を短くし、次に、削蹄鎌(資料番号2148)で形よく削蹄し、やすり(資料番号2150)をかけて仕上げとなる。この用具一式は現在でも使用されている。刃渡り16cm、刃の幅2.9cm、把柄部の長さ11cm、重さ0.24kgである。
サイズ幅:2.9cm
奥行き:16+11cm
重さ0.24kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat