糸とり機

糸とり機

資料番号2476
資料名糸とり機
資料名(よみ)いととりき
大分類養蚕関係機具等
中小分類製糸、機織用機具・座繰機等
使用年代昭和5年~30年頃まで
収集地愛媛県日吉村
解説文足踏み式座繰り器(ざぐりき)である。昭和5年頃から30年頃まで使用された。手回し式座繰り器は、片手で取っ手を回し、他方の手で、繭(まゆ)から糸口を引き出すなどの作業をしなくてはならないが、足踏み式は、ペダルを踏みクランクを介して、糸を巻き取る作業を行い、空いた両手で、糸口を引き出して繭を補充する作業ができるので、能率的で均一な太さの生糸を目指すなど、繊細に繰糸管理ができる。機構も機械らしくなってきた。全高146cm、台の高さ61cm、台の長さ(横)56cmである。
サイズ幅:56cm
高さ:146cm
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat