半槽(小舟)

半槽(小舟)

資料番号2777
資料名半槽(小舟)
資料名(よみ)はんそう(こふね)
大分類その他
中小分類寒天製造機具等・-
使用年代大正~昭和
収集地岐阜県山岡町
解説文本器は天草から寒天を制作する一連器具の一部でトコロテンの凝固箱で、主に二番しぼり使われている。小舟の半量しかは入らないために半槽はんぞうと呼ばれている。寒天の原料である天草を釜で煮沸するときに、煮熟(しゃじゅく)した原液を大釜より汲みだし、布袋に入れてろ過枡で自然加圧でしぼる。ろ過されたトコロテンを清澄させる。大舟からトコロテンを汲みだし、トコロテンを固める凝固器させる。ようかん状に切ったトコロテンをうどん状に細切りする。大きさは高さ9.5㎝、43×96㎝、重さは1.5kgである。
サイズ高さ:9.5cm
重さ1.5kg
収録データベース農機具データベース

農機具アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat